泥練洗顔についての疑問

界面活性剤は肌に悪い?

更新日:

「界面活性剤は肌に良くない」というイメージがなんとなくありますよね。

界面活性剤はシャンプーやクレンジング、洗顔料の多くのものに含まれているもので「洗浄力が強くて皮脂を落としすぎる」などの理由でよく悪者にされてしまいます。

界面活性剤はどんなものなのか、なぜ肌に良くないと言われるのか、などについて紹介します。

92%の人が続けたいと回答!
肌がつるつるになると評判の泥練洗顔の詳細は
↓画像をクリック(公式サイト)↓

』

界面活性剤とはなんなのか

界面活性剤は、石油由来のものと植物由来のものがあり、とてもたくさんの種類が存在します。

洗剤だったりクレンジングや食品それぞれの用途によって使用される界面活性剤も異なります。

界面活性剤の基本的なはたらきは、油や水などのように、ただ一緒にしただけだと混ざり合わないものの境界線(界面)に作用して、なじませるという効果があります。

その効果を利用するために、多くの化粧品などにも界面活性剤が使用されています。

界面活性剤の効果は?

界面活性剤の基本的なはたらきは上で書いた通りなんですが、界面活性剤の中には洗浄力が高い界面活性剤もあります。

クレンジングや洗顔料に含まれている界面活性剤は洗浄力が高く、肌の余分な皮脂や汚れを落とす目的で配合されています。

界面活性剤の配合量やバランスで洗顔料の洗浄力も変わってくるのですが、自分の肌質に合っていない洗顔料を使用してしまうと、必要以上に皮脂が奪われてしまい、肌が乾燥してしまう可能性もあります。

肌が乾燥してしまうのは美容にとってはとても良くないことで、いろいろなトラブルの原因になります。

「界面活性剤は皮脂や角質を必要以上に奪ってしまう!!」といった悪いイメージが先行してしまったがために「界面活性剤は肌に悪い」という認識がなんとなくついてしまったようです。

ただ、自分の肌質に合った洗顔料やクレンジングを使用して、正しく洗顔できているのであれば、界面活性剤が肌に悪いとは一概に言えるものではないと思います。

要は「きちんと自分の肌に洗顔料を使用できているか」が大切ということですね(^ ^)

界面活性剤を避けるなら、クレイ洗顔がオススメ

とはいえ、自分の肌にあった洗顔料を見つけるのはなかなか大変ですよね・・

そこでおすすめなのが「クレイ洗顔」です。
クレイ洗顔は泥が配合されている洗顔料のことで

  • 肌に負担をかけず、汚れを「吸着」して落とす
  • 界面活性剤が使用されていないものが割と多い(使われているものも当然あります)
  • 泥に含まれるミネラルや有効成分が豊富なので、美肌効果も期待できる

などといった特徴があります。

今使用している洗顔料で洗顔した後、肌がつっぱったりピリついたりする場合には、必要以上に皮脂を落としてしまっている可能性があります。

クレイ洗顔の中でもおすすめなのがこのサイトで紹介している「泥練洗顔」です。

泥練洗顔は6種類の泥が配合されていて、泡立ちもとてもいいので肌に優しく洗顔することができます。
また、希少なアルガンオイルも配合されているので、しっかり汚れを落とすのにしっとりとした洗い上がりになることができます。

泥練洗顔のもうひとつの特徴は「洗い方を変えることで肌の状態や肌質に合わせることができる」というところだと思います。

例えば油性肌だから毎回しっかりと皮脂を落としたいという人は「ねりねり洗顔」という方法で洗顔することができますし、乾燥はだだったり、朝だから洗浄力は控えめにしたいといった場合には「濃い泡洗顔」で優しく洗顔することができます。

1本の洗顔料でいろいろな肌状態や肌質に対応することができるので、かなり便利な洗顔料です!

アットコスメなどの口コミサイトでの評価もものすごく高くて、私も実際に使用していますが、本当におすすめです(^ ^)

泥練洗顔をはじめに購入する場合はお得な「お試し価格」で購入することができます。
お試し価格で購入する方法についても紹介していますので、ぜひチェックしてみてください♪

=> お試し価格でお得に購入する方法

-泥練洗顔についての疑問

Copyright© 泥練洗顔はお試し購入が断然お得!!確実にGETする方法! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.